2018年5月13日

厚生労働省「みんなで目指そう『麻しんがゼロ』」

( 厚生労働省研究班「はしかの土着ウイルスは日本から排除できました」 の続き)



厚生労働省
 @MHLWitter

【海外に行く予定の方へ】
#麻しん(#はしか)にかかったことが明らかでない場合、2回の麻しんのワクチンを接種していない方は、予防接種を検討してください。海外渡航の前に、予防接種を受けるなどの対策を。詳しくは→mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/

https://twitter.com/MHLWitter/status/991512812802326529

----------------------------------

麻しんについて|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/

麻しんとは
発生状況
かかった場合
ワクチンについて
Q&A
Q1 なぜ、平成19・20年に10代から20代の人を中心に流行したのですか?
Q2 妊娠しているのですが麻しんの流行が心配です。どうしたらよいでしょうか?
Q3 外国で麻しんになると大変なのですか?
Q4 海外渡航に際して、麻しんについて注意すべきことはありますか?
Q5 過去に麻しんにかかったことがあるのですが予防接種を受けるべきでしょうか?
Q6 ワクチン接種を受けた方が良いのはどのような人ですか?
Q7 麻しんの予防接種を受けるのに、単独の麻しんワクチンの替わりに、MRワクチン(麻しん風しん混合ワクチン)を接種しても健康への影響に問題ありませんか?
リンク
ツール
指針・ガイドライン等
通知・事務連絡など

--------------------------------

NHK「はしか」ニュース

「はしか」ニュース(2NN)



(書きかけ)





「子供のうちにかかっておくほうがよいと思われる感染症」
1 はしか
2 みずぼうそう
3 おたふくかぜ
4 風疹
5 EBウイルス感染症
6 A型肝炎
(藤田紘一郎 『清潔はビョーキだ』 より)
http://www.amazon.co.jp/dp/4022613211


経験はワクチン(予防接種)に勝る… なにはともあれ、感染を経験しておくことが大事。それが「免疫がつく」ということのまぎれもない現実のすがた。上手く養生し耐過、馴致させることが、ウイルスの病気をやりすごす要諦。われわれは、それで「命定め」の淘汰圧を生き延びてこその優良個体なのである。

なにがなんでもワクチン打てば助かるわけじゃなかろうに…

「社会政策」に持って行きたがる連中は、なんかドス黒い思想信条とか主義信仰にかぶれてんじゃないのかな? まったくもってキモい連中にしかみえんわな。


(№330 2018年5月3日)

46 件のコメント:

  1. そしてまた、幻惑物語はそこからはじまった…

    返信削除
    返信
    1. 1人の観光客が感染広げたか ワクチン接種を
      4月9日 21時25分

      その外国人観光客は発熱して3日後、多くの人でごった返す繁華街を歩いていました。この観光客と接触したとみられる、少なくとも7人が、その後「はしか」を発症。沖縄県内では8日時点で、「はしか」の感染者が34人、感染拡大が止まりません。沖縄では平成10年から13年まで流行した際に、9人の子どもが犠牲になっていて、関係者が「はしかゼロ」に向けた取り組みを続ける中で起きた、今回の感染拡大。感染はどのように広がり、私たちは何に気をつければいいのでしょうか。(沖縄放送局記者 小島萌衣、福岡放送局記者 米山奈々美、ネットワーク報道部記者 後藤岳彦 玉木香代子)

      3日間にわたり沖縄本島内を移動

      沖縄県内で、なぜ、はしかの感染が拡大したのか。

      沖縄県によりますと、先月20日、台湾から沖縄を観光で訪れた30代の男性がはしかに感染していることが確認されました。
      沖縄県による男性の行動歴です。

      同じ商業施設にいた人が7人も
      その後、那覇市や糸満市、名護市などに住む、0歳から50代までの幅広い年齢層で、はしかの感染が確認され、感染者は8日時点で34人に上っています。

      このうち7人は、男性と同じホテルの宿泊客や男性が利用した飲食店の店員などで、男性と接触した可能性が高いということです。

      またはっきりと接触が確認できていないものの、男性が訪れた同じ日に、那覇市の新都心にある大型商業施設を訪れた人も7人います。

      県は、流行の兆しが見られるとして、はしかの発生状況が県独自の基準で最高レベルの「レベル3」に該当すると発表し、注意を呼びかけています。

      「はしか」とは

      「はしか」はウイルスによって引き起こされる感染症で「麻疹(ましん)」とも呼ばれます。感染するとおよそ10日後に発熱やせき、鼻水などかぜのような症状が見られたあと、39度以上の高熱が出て、顔や体に発疹が現れます。

      患者の3割が肺炎や中耳炎など、合併症を引き起こすとされています。また、1000人に1人が脳炎を起こすとされ、後遺症が残り、死に至ることもあります。

      「はしか」の最大の特徴は感染力が非常に強いことです。空気感染するので、免疫がなければ、職場や電車の中などの同じ空間にいるだけで、感染することがあるのです。

      現在は2回の予防接種

      感染拡大を防ぐ手立てはないのか。厚生労働省によりますと、はしかの予防としては、ワクチン接種が最も有効な方法で、定期予防の接種対象者が決まっています。

      第1期が生後12か月以上24か月未満、つまり1歳の子どもで、第2期が小学校就学前の1年間にある子ども、つまり、保育園などの年長にあたる子どもです。1歳のころの接種の効果がなくなりはじめる6歳に再び受けさせて、免疫をつけるという仕組みです。

      予防接種受けていない世代も

      現在は2回となっている「はしか」の定期予防接種ですが、予防接種を受けていなかったり、1回だけの接種で免疫が十分でない世代がいます。平成2年4月より前に生まれた世代です。

      感染広がる背景は

      はしかの感染が広がっている背景には何があるのか。沖縄県豊見城市にある「ぐしこどもクリニック」の小児科医、具志一男さんは、予防接種の時期が背景にあるのではないかと指摘しています。

      具志さんによりますと、感染者34人のうち、2回のワクチン接種をしていた人は2人にとどまり、それ以外の人は、一度も接種していないか、1回の接種のみ、あるいは接種したかどうか分からない人だということです。

      今回「はしか」にかかった人は40代以下の人が多く、予防接種を1回しか受けていない世代が「はしか」への免疫が落ち、感染している可能性があると指摘しています。2回受けたにもかかわらず、感染した人がいることについて、具志さんは、免疫が落ちて感染することもあるが、重症化を防ぐことができるとしています。

      沖縄では子ども9人犠牲になったことも

      実は、沖縄県内では平成10年から13年にかけて「はしか」が流行し、乳幼児合わせて9人が死亡したことがありました。

      このため、沖縄県や医療関係者などが「はしか」撲滅を目指して「はしか“0”プロジェクト」という予防活動の普及を進めています。

      このプロジェクトの委員長を務める具志さんは「1回目の定期予防接種を受ける前の0歳児の感染が特に注意が必要だ。国内で感染者が出るケースのほとんどが、海外で感染した人が国内に持ち込んだケースで、今後も多くの旅行者が海外から訪れることを考えると早急な対策が必要だ」と話しています。

      旅行前に確認を、2回のワクチン接種

      これから夏にかけてますます増える外国人旅行者。一方、海外旅行をする人も増えます。大型連休も近づいています。今後の対策について、感染予防に詳しい、国立国際医療研究センターの国際感染症対策室の医長、忽那賢志さんに話を聞きました。

      対策室では、外国人にわかるように疑わしい症状が出た場合、人混みに出て、多くの人と接触するのを避け、直ちに保健所に電話で連絡するよう、英語や中国語だけでなく、ベトナム語など多言語で呼びかけています。

      また、日本人に向けても、今の沖縄も含めて、はしかが流行している地域に足を運ぶ場合には、子どもだけでなく大人も含めて、2回のワクチン接種を受けているかどうか母子手帳などで確認するよう呼びかけています。

      命に関わる事態避けるためワクチン接種を

      厚生労働省は去年から、海外に出張や旅行で出かける人向けに、かつての人気アニメとコラボレーションして「麻しんがゼロ」を合い言葉に、ワクチン接種などを呼びかけています。

      国際感染症対策室の医長の忽那賢志さんは、「はしかはワクチン接種が有効な病気でもあるので、これ以上の流行を食い止め、命にかかわる事態を避けるためにも、ワクチン接種がまだの人は、大型連休の前に受けてほしい」と話しています。はしかの感染力はインフルエンザ以上です。感染した旅行客が日本を訪れるリスクがある一方、海外旅行で感染するリスクもある中、自分が予防接種を受けたことがあるのかないのかよく調べて、きちんと対策を取りたいものです。
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180409/k10011396671000.html

      https://koibito2.blogspot.jp/2013/09/blog-post_92.html?showComment=1523719808217#c5230923429442881751

      削除
    2. のぞみで品川から名古屋へ 感染拡大に注意を
      4月13日 20時37分

      沖縄を旅行したあと「はしか」を発症した10代の少年は、新幹線「のぞみ」を利用して、東京・品川から名古屋に帰省後、感染が確認されました。沖縄から名古屋へ。「はしか」の感染拡大が止まりません。拡大するはしか感染の現状と対策に迫ります。
      (ネットワーク報道部記者 大窪奈緒子 玉木香代子)

      全国に拡大のおそれ 厚労省が注意喚起

      始まりは1人の台湾人旅行者の発症でした。
      沖縄を観光で訪れていた30代の男性が先月20日、「はしか」に感染していることが確認されました。

      その後、この男性が宿泊したホテルの客や那覇市の大型商業施設の従業員などに感染が広がり、沖縄県では12日までに43人の感染が確認されています。

      厚生労働省は11日、国内のほかの地域にも拡大するおそれがあるとして、全国の自治体に通知を出し、医療機関に対して、はしかの可能性を考慮した診察を行うよう求めました。

      新たに感染した少年は埼玉県内の学校に通学

      同じ11日、名古屋市で新たにはしかの感染が確認されました。

      家族とともに沖縄を旅行で訪れていた10代の少年です。
      少年は通っている学校のある埼玉県に戻ったあと、調子が悪くなります。
      食欲がなく、だるい症状のまま通学。
      さらに具合が悪くなり、実家に帰るため、公共交通機関を利用して、名古屋に戻ったあと、感染が確認されました。

      池袋や品川を経由して「のぞみ」で名古屋に

      名古屋市の保健所から聞いた少年の動きです。

      少年は実家のある名古屋まで帰る際、埼玉県内から具体的な路線は分からないものの、JRを利用して池袋駅を経由して、品川駅まで移動。午後5時ごろから品川駅で新幹線のぞみの指定席に乗り、名古屋駅に向かったそうです。

      新幹線で名古屋駅に到着したのは午後6時45分ごろ。
      名古屋駅からは家族の運転する車で移動して、午後7時ごろに名古屋市の診療所で受診。さらに午後8時ごろ、紹介された別の病院を受診しました。

      ウィルス性の病気を疑われたものの病気の特定にはいたりませんでした。

      感染確認は発症してから5日後

      その後、自宅で療養していましたが、体調が回復しないため9日、同じ病院で受診しました。
      それでも回復しないため10日に、かかりつけ医のいる愛知県内の診療所に連絡。

      この時、少年ははしかの特徴である発疹や高熱の症状がはっきり出ていたといいます。

      医師は診療所の裏口から入るよう指示を出して少年を診察。
      その後、愛知県に遺伝子検査を依頼しました。
      11日には陽性反応が出てはしかと確定。

      この時、発症してから5日がたっていました。
      名古屋市感染症対策室は、少年がはしかを発症した状態で、JRや新幹線を利用していたことから、感染を広げた可能性があるとしています。

      また名古屋市内の診療所や病院では一般の患者と同じように、待合室を利用していたことから、すでに同じ時間帯の利用者には健康状態の変化に注意するよう呼びかけています。

      とにかくワクチン接種を!

      感染の拡大を防ぐためにはどうすればいいのか。
      国立国際医療研究センターの感染症対策専門職の堀成美さんに聞きました。

      「とにかく感染力が強いので、はしかと疑われる発熱や発疹などの症状が出た場合、すぐに病院に向かうのはやめてください。
      まずは受診の前に病院など医療機関に電話をして指示を仰いでほしい。公共交通機関は使わずに、家族の運転する車などで病院に向かい、待合室での感染を防ぐためにも、車の中などで待機して医師や看護師の指示に従って受診するようにしてほしい」と話しています。

      大型連休を前に確認を

      また「大型連休などで旅行の予定のある人は、子どもはもちろん大人もワクチン接種を2回受けているかどうか母子手帳などでしっかりと確認してほしい。そして受けていない場合はできるだけ早くワクチンを接種してほしい」と呼びかけています。

      また学校も修学旅行などで沖縄や海外を集団で訪れることもあることから、入学や健康診断の際に生徒・児童、教職員のワクチン接種歴をそのつど確認し、ワクチンを接種するようすすめ、接種率をあげることも感染拡大には重要だと話していました。

      妊婦などは旅行先の見直しも

      沖縄では、はしかで平成10年から13年まで流行した際に9人の子どもが犠牲になっています。大人でも肺炎や中耳炎、場合によっては脳炎などの合併症を引き起こして、死に至ることもありますし、妊婦は感染すると流産や早産のおそれもあるのです。

      堀さんは、ワクチンを接種していない乳幼児連れや妊婦のかたは旅行先などを慎重に選んでほしいと話しています。

      はしかは、空気感染するため感染力が強い病気ですが、ワクチン接種が有効でもあります。有効な対策を取って、これ以上の感染拡大を防いでいくことが求められています。
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180413/k10011402391000.html

      削除
    3. はしか患者数 全国で100人超える
      4月27日 16時10分

      沖縄県と愛知県で流行している、はしかのことしの全国の患者数は100人を超え、専門家は「2回の接種や感染の履歴が確認できない時は、ワクチンの接種を検討してほしい」と呼びかけています。

      ことしのはしかの患者は26日までに、流行が起きている沖縄県で73人が確認され、沖縄県から流行が拡大した愛知県でも11人が報告されています。

      全国ではこのほか、今月18日までに東京と埼玉県でそれぞれ5人、茨城県で3人、神奈川県と山梨県、大阪府など6府県でそれぞれ1人の患者が報告され、ことしの全国のはしかの患者数は26日までに少なくとも103人となりました。

      国立感染症研究所によりますと、患者は10代から30代を中心に、ワクチンを一度も接種していないか、したかどうかわからない人が多いということで、「2回の接種や感染の履歴が確認できない時は、ワクチンの接種を検討してほしい」と呼びかけています。

      国立感染症研究所の多屋磬子室長は「連休中に旅行を予定している人や医療関係者、それに教育や保育の関係者など子どもと接する人、さらに不特定多数の人と接触する職業の人たちは、特にワクチンの履歴を確認してほしい」と話しています。
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180427/k10011420271000.html

      削除
    4. 愛知 はしか感染拡大 新たに4人 3次感染も
      5月2日 15時19分

      愛知県内で、はしかの感染が広がる中、名古屋市などの女性4人が新たにはしかと診断されました。このうち2人は病院で感染した人を通じてさらに感染したと見られ、名古屋市は3次感染の可能性が高いとして、警戒を強めています。

      愛知県内では先月、沖縄を旅行したあとに、はしかと診断された10代の男性が、名古屋市昭和区の名古屋第二赤十字病院と東郷町の診療所を受診して以降、2つの医療機関で勤務する人や受診した人などの間で感染が広がりました。

      このうち名古屋市内の30代の女性は先月9日、昭和区の病院を訪れた際に感染したと見られていますが、この女性の親戚の20代女性2人が新たに感染していたことが1日、確認されました。2人は感染した女性の自宅を訪れたり病院への送迎をしたりしていたということで、名古屋市は2人が3次感染した可能性が高く、さらに感染が広がるおそれがあると見て、警戒を強めています。

      また、1日は昭和区の病院に勤務する三重県桑名市の30代の女性と、先月タイを旅行した名古屋市天白区の20代の女性も新たにはしかと診断され、愛知県内で感染が確認された人は合わせて14人となりました。

      名古屋市は、発熱やせきなどの症状が出た場合は、事前に医療機関に連絡したうえで、速やかに受診するよう呼びかけています。
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180502/k10011425301000.html

      削除
  2. 川崎ではしか、沖縄の女性が感染
    市が注意呼び掛け
    2018/5/3 12:56
    ©一般社団法人共同通信社

     川崎市は3日、市内に滞在中の沖縄県の20代女性がはしかに感染していたと発表した。感染力が強く、市が注意を呼び掛けている。はしかは沖縄県で感染が拡大し、同県からの旅行者を介したとみられる感染者が愛知県で相次いでいる。

     市によると、女性は回復傾向にある。女性は4月16日に沖縄県から川崎市に来た。19日に発熱などの症状が出たため、23日以降、市外や市内の医療機関を受診。5月に入り感染が確認された。

     はしかの潜伏期間は10日前後とされる。市は、女性が沖縄県内で感染したとみている。
    https://this.kiji.is/364621723015922785

    返信削除
    返信
    1. 川崎市といえば、「川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長」…
      https://koibito2.blogspot.jp/2013/09/blog-post_92.html?showComment=1524957109033#c1266861627274941540

      削除
  3. 埼玉 NEWS WEB
    県内旅行のタイ人観光客がはしか
    05月02日 17時36分

    はしかの感染が全国的に広がる中、先月、埼玉県内を旅行していた30代のタイ人の女性から発疹などの症状が出たため病院で検査を受けたところ、はしかと診断されました。
    県は、女性と接触した可能性がある人に感染が広がっていないか調べています。

    埼玉県保健医療政策課によりますと、はしかの感染が確認されたのはタイ国籍の30代の女性です。
    県によりますと、この女性は、先月23日に観光目的で入国し、草加市を訪れた際に発疹などの症状が出たため市内の病院で検査を受けたところ、はしかに感染していることが確認されたということです。
    県によりますと、この女性は、来日前から発熱の症状があったということで、県は、女性がタイ国内で感染したとみています。
    女性は、県内のほか、静岡県や京都府を巡っていて、埼玉県は、移動経路を詳しく聞き取って、女性と接触した可能性がある人に感染が広がっていないか調べています。
    埼玉県内では、ことしに入ってから先月29日までにこの女性を含め、6人のはしかの患者が確認されています。
    県では、はしかが流行している地域に行く予定がある人は、ワクチンの接種を検討するとともに発熱などのはしかが疑われる症状が出た場合は、事前に保健所に連絡した上で速やかに医療機関を受診するよう呼びかけています。
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20180502/1100002171.html

    返信削除
  4. 「はしか発生ゼロ」が大ウソのはじまり…

    われわれはみんな最初からはしかキャリアなんだよ。

    それを頭からすっ飛ばしてはいけない。

    返信削除
  5. 名護の男性は職場内で感染か はしか患者3人増え88人に 
    2018年5月3日 12:06 沖縄タイムス

     県地域保健課は3日、県内で新たに麻疹(はしか)患者3人が確認されたと発表した。県内で3月下旬、4年ぶりに患者が確認されてから合計88人になる。

     新たな患者は宮古島市の30代女性と名護市の20代男性、浦添市の20代女性の3人。宮古島市の女性は患者と接触した可能性があり、名護市の男性は職場内で感染したとみられる。

     2日にはしかの疑いのある15人を検査し、3人の感染を確認した。

     1日現在で県内の卸業者にワクチン約3万本の在庫があり、県では接種歴0~1回の県民への接種を呼び掛けている。また4月1日から1カ月間で、卸業者から医療機関に約4万9千本のワクチンが供給された。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/246736

    返信削除
  6. はしかワクチン希望者急増、愛知県など感染拡大警戒
    西川迅2018年5月4日11時00分

     はしか(麻疹)流行の影響でワクチン接種の希望者が急増している。愛知県内では14人の感染が確認され、県の相談窓口へ問い合わせが相次いでいる。専門家は「接種の記録がなく、かかった経験もなければ、早めにワクチン接種を受けてほしい」と呼びかけている。

     名鉄病院(名古屋市西区)の予防接種センターでは4月下旬以降、はしかワクチンの相談や接種希望者が急増している。抗体検査で免疫の有無を調べ、不十分な場合に接種するが、普段の数倍にあたる40人が接種を受けた日もあった。宮津光伸・センター顧問は「心配な人はまず抗体検査を受けてほしい」と話す。

     愛知県が4月28日から始めた電話相談には360件以上の問い合わせが寄せられた。大半がワクチンの必要性についてだったという。接種希望者の増加を受け、愛知、三重、岐阜の各県は地元のワクチンの卸組合などに流通状況を確認しているが、医療機関からの需要は増えているものの不足はしていないという。

     国立感染症研究所によると、は…
    https://www.asahi.com/articles/ASL53747VL53UBQU00H.html

    返信削除
    返信
    1. 名古屋で中学生2人がはしか感染 校内で感染拡大か
      2018年5月6日13時29分

       名古屋市は6日、市内の同じ中学校に通う10代の男子生徒2人が、新たにはしか(麻疹)に感染したのを確認したと発表した。愛知県内の感染者は計16人になった。

       市感染症対策室によると、2人は学校に通学した翌日の今月2~3日にそれぞれ発熱症状が出たため、市内の医療機関を受診。検査したところ、陽性反応がでた。いずれも容体は安定しているという。2人が通う中学校では、先月23日にも女子生徒1人の感染が確認されており、校内で感染が広がった可能性があるという。
      https://www.asahi.com/articles/ASL5646Y6L56OIPE001.html

      削除
  7. 社説
    はしか再流行 最強の感染力に万全の備えを
    2018年5月6日6時0分

     訪日客が持ち込む感染症への対策を徹底しなければならない。

     外国人観光客が多い沖縄県で、麻疹(はしか)が流行している。タイ旅行後に発熱し、入国した台湾の男性が発端だ。男性が訪ねた観光施設の利用者らに広がり、感染者数は3日時点で90人に上る。

     愛知県にも飛び火した。沖縄県で感染した10歳代の男性から名古屋市内の病院の職員に、さらに患者らへと感染が拡大している。

     沖縄県は、ホームページで注意を呼びかけている。妊婦や1歳未満の乳児の来県はリスクが高い、と明記した。観光シーズンにあって、異例の措置だ。感染拡大を食い止めるには、やむを得まい。

     麻疹の感染力は突出している。ウイルスが浮遊した空気を吸い込むだけでうつることがある。マスクを着けていても防げない。

     発症者が1人いると、9~16人が感染してしまう。インフルエンザでも2人程度だ。今回も二次、三次感染が起きている。

     症状も侮れない。感染から10~12日後に風邪のような症状が出て発熱する。その後、全身に発疹が現れ、高熱は数日間続く。

     脳炎になると麻痺まひなどの後遺症が残ることがある。数年~十数年後に脳炎の発症例もある。医療の進んだ先進国でも、感染者1000人中、1人程度が死亡する。

     唯一の予防手段がワクチンだ。確実に免疫を得るには、2回の接種が推奨される。1回では免疫が十分に備わらない人もいる。

     幼少期などに定期接種を受けていない人や、麻疹の罹患りかん歴がなく、ワクチン接種の有無が不明な人は接種を検討すべきだろう。

     日本ではかつて、患者数が20万人を超えていた。対策を強化し、2006年には、小児らが対象の定期接種を2回にした。これが奏功して、患者は激減した。

     15年には、世界保健機関から、国内に土着ウイルスが存在しない「排除状態」と認定された。

     厚生労働省は今回、大流行には否定的だが、対策を怠っては、排除前の状況に戻りかねない。

     「はしか再流行」の報道で、ワクチン需要は高まっている。厚労省は安定供給に留意すべきだ。

     麻疹だけでなく、世界では、デング熱やジカ熱、マラリアなどの感染症が多発している。国境を越えて人が活発に往来する現在、病原体が国内に入り込むリスクは確実に高まっている。

     誰もが感染症のリスクを自覚する必要がある。政府は空港などでの水際対策に全力を挙げたい。
    http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20180505-118-OYT1T50078

    返信削除
    返信
    1. 水際対策(笑)。

      2009年「新型の豚インフルエンザ」…
      https://www.google.co.jp/search?q=2009%E5%B9%B4+%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB+%E6%B0%B4%E9%9A%9B+%E9%9A%94%E9%9B%A2+%E5%81%9C%E7%95%99

      >厚生労働省「新型インフルエンザ対策ガイドライン」(2009 年 2 月 17 日策定)

      削除
    2. 無能な働き者、勤勉な馬鹿が、組織ぐるみ一丸で動いてしまうと、の見本のようなもの。

      削除
    3. アスクレピオスの愛人:
      http://www.shinchosha.co.jp/books/html/363110.html

      第一章 フェーズ4
      成田到着の飛行機の中では、白い宇宙服のような防護服に身をつつんだ男たちが、不気味にうごめいている。
      厚労大臣が、「日本への上陸は水際で食い止める」
      と明言したとおり、日本政府は新型インフルエンザとの必死の攻防を繰り広げているのだ。

      新型インフルの水際対策、効果「極めて限定的」
      国際チームが分析(日経新聞)
      2010/3/31付
      https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3100P_R30C10A3CR0000/

      その結果、水際対策を実施した国と何もしなかった国とを比べて、水際対策を実施した国で統計学的に明らかな流行の遅延効果は確認できなかった。確率的には7~12日程度の短い流行遅延効果が得られる可能性はあるものの、効果は極めて限定的であると結論づけた。

      新型インフル諮問委、記録残さず=首相に答申の専門家会議-非公開の10回検証困難(時事通信 2010/02/21):
      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100221-00000005-jij-soci

      世界的に異例だった水際対策は、諮問委の「一定の効果があった」との評価で継続されたが、実際は潜伏期間の感染者が多数すり抜けた可能性があると指摘する研究者もいる。巨費を投じた輸入ワクチンは大半が余る見通しだ。
      ----------

      そして、新型インフルエンザパンデミックでは1,000億円のワクチンががゴミに(笑)。

      削除
    4. 「自衛策に努めて感染を防ごう」(2017年12月28日)
      https://koibito2.blogspot.jp/2015/01/blog-post_20.html

      「感染症の侵入に注意しよう」(2014年9月5日)
      https://koibito2.blogspot.jp/2014/09/blog-post_5.html

      「感染予防」
      https://koibito2.blogspot.jp/search/label/%E6%84%9F%E6%9F%93%E4%BA%88%E9%98%B2
      「はしか」
      https://koibito2.blogspot.jp/search/label/%E3%81%AF%E3%81%97%E3%81%8B
      「新興・再興感染症」
      https://koibito2.blogspot.jp/search/label/%E6%96%B0%E8%88%88%E3%83%BB%E5%86%8D%E8%88%88%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87

      「清浄国」の大ウソ…
      https://koibito2.blogspot.jp/search/label/%E6%B8%85%E6%B5%84%E5%9B%BD

      削除
  8. 東海 NEWS WEB
    3人がはしかに感染 3次感染か
    05月06日 19時03分

    愛知県内ではしかの感染が広がる中、名古屋市と東郷町で新たに3人がはしかと診断されたと県と名古屋市が発表しました。
    いずれも3次感染とみられるということです。
    新たにはしかと診断されたのは、名古屋市の男子中学生2人と東郷町の30代の女性のあわせて3人です。
    名古屋市によりますと男子中学生2人は既にはしかの感染が明らかになっている女子中学生2人と同じ名古屋市の中学校に通っていて、市は、学校内で接触し感染したと見られるとしています。
    また東郷町の30代の女性は1歳の娘が4月、はしかと診断されていて、県は娘から感染した可能性が高いとしています。
    愛知県内では4月、沖縄を旅行した10代の男性が最初にはしかと診断され、この男性が受診した名古屋第二赤十字病院と東郷町の診療所で複数の人が二次感染したことが確認されていますが、今回の3人は、二次感染した人からうつった三次感染とみられるということです。
    これで愛知県内で感染が確認された人はあわせて17人となりました。
    県と名古屋市は、発熱やせきなどの症状が出た場合は、事前に医療機関に相談した上で、受診の方法などを決めて、通院は公共交通を避け、マイカーなどを使って受診するよう呼びかけています。
    また、県は、電話での相談も受け付けていて、番号は052ー954-6272です。
    https://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20180506/4470391.html

    返信削除
    返信
    1. 愛知で新たに3人はしか…2人は学校内で感染か
      2018年5月6日19時46分

       愛知県内で感染が拡大している麻疹(はしか)について、同県と名古屋市は6日、同学年の生徒から広がったとみられる同市内の男子中学生など3人への感染が新たに判明したと発表した。

       今年の県内の患者は計18人となった。学校内での感染の発覚は今年初めて。

       発表によると、感染が確認されたのは、同市内の男子中学生2人と、同県東郷町の30歳代の女性。男子中学生2人は、先月23日にはしかと判明した女子中学生と同じ学校の同学年で、同17~19日に、学校の同じ施設を使うなどして感染したとみられるという。女性は同24日に感染が判明した女児(1)の母親。3人とも今月5日にはしかと診断された。

       女子中学生と女児はそれぞれ、沖縄帰りの10歳代の男性が受診した医療機関を介して感染したとみられており、今回の3人は3次感染とみられる。

       県や市は、感染が疑われる場合は、事前に医療機関に連絡をした上ですみやかに受診するよう呼びかけている。
      http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20180506-118-OYT1T50085

      削除
    2. 学校内で2人初感染か、愛知で新たに3人はしか
      2018年5月7日19時39分

       愛知県内で感染が拡大している麻疹(はしか)について、県と名古屋市は6日、同学年の生徒から広がったとみられる市内の男子中学生ら3人への感染が新たに判明したと発表した。

       今年の県内の患者は計18人となった。学校内での感染の発覚は今年初めて。うち男子中学生1人は予防接種を2回受けていたが、免疫ができていなかったとみられる。

       発表によると、感染が確認されたのは、市内の男子中学生2人と、同県東郷町の30歳代の女性。男子中学生2人は、先月23日にはしかと判明した女子中学生と同じ学校の同学年で、同17~19日に、学校の同じ施設を使うなどして感染したとみられるという。女性は同24日に感染が判明した女児(1)の母親。3人とも今月5日にはしかと診断された。

       女子中学生と女児はそれぞれ、沖縄帰りの10歳代の男性が受診した医療機関を介して感染したとされており、今回の3人は3次感染とみられる。

       県や市は、感染が疑われる場合は、事前に医療機関に連絡をした上で速やかに受診するよう呼びかけている。
      http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20180506-118-OYT1T50085

      削除
    3. 愛知、はしか新たに3人 2中学生校内で感染か =中部発
      2018年5月8日5時0分

       愛知県内で感染が拡大している麻疹(はしか)について、県と名古屋市は6日、同学年の生徒から広がったとみられる市内の男子中学生ら3人への感染が新たに判明したと発表した。今年の県内の患者は計18人となった。学校内での感染の発覚は今年初めて。うち男子中学生1人は予防接種を2回受けていたが、免疫ができていなかったとみられる。

       発表によると、感染が確認されたのは、市内の男子中学生2人と、同県東郷町の30歳代の女性。男子中学生2人は、先月23日にはしかと判明した女子中学生と同じ学校の同学年で、同17~19日に、学校の同じ施設を使うなどして感染したとみられるという。女性は同24日に感染が判明した女児(1)の母親。3人とも今月5日にはしかと診断された。

       女子中学生と女児はそれぞれ、沖縄帰りの10歳代の男性が受診した医療機関を介して感染したとされており、今回の3人は3次感染とみられる。

       県や市は、感染が疑われる場合は、事前に医療機関に連絡をした上で速やかに受診するよう呼びかけている。
      http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20180508-119-OYTNT50006

      削除
  9. ウイルスの病気に効く薬はない。ただじっとして、おとなしくしていれば自然になおる。動き回ったりして体力をおとさないようにつとめるしかない。

    返信削除
  10. 沖縄のはしか流行 終息へ - 2018/5/9
    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6281815

    返信削除
    返信
    1. 沖縄・はしか流行、終息へ 4日以降、患者なし
      5/9(水) 5:00配信 沖縄タイムス

       沖縄県保健医療部は8日、3月下旬からの県内でのはしかの流行に関し、「ピークは過ぎ、終息に向かっているとみられる」との認識を示した。7日にはしかの疑いのある21人を検査したが、新たな感染者は確認されなかった。4日以降、新たな患者は確認されていない。県内の患者数は合計90人で、そのうち約70人はすでに治癒したとみられる。

      【写真】韓国人一家パニック! 「心臓マッサージ止めて」 冷静な対応で3歳の子救った看護学生

       県の糸数公保健衛生統括監は同日の定例記者発表で患者の発生状況に関し、「今後、数人の患者が出る可能性はあるが、ピークは過ぎたとみられる。終息に向かっていると言っていい」との見解を示した。

       一方で、大人数が集まるイベントや観光客の出入りも激しかった大型連休の間に感染が広がっている恐れもあるとして、「引き続き注意を払う必要がある。今後に備えるためにも、接種歴0~1回の県民にはワクチンの在庫がある今のうちに接種を」と呼び掛けた。

       県内のワクチンの在庫は約2万7千本。4月1日~5月7日に、県内の卸業者から医療機関へ供給されたワクチン数は合計5万3千本に上る。
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00248948-okinawat-oki

      削除
  11. はしかの患者数 大型連休明け 全国11都府県で134人に
    5月9日 15時27分

    流行が続いているはしかは、沖縄県と愛知県での一連の感染だけで患者数が100人を超えるなど、全国の患者数は11都府県で少なくとも134人に達しました。大型連休に多くの人が移動したことから、専門家は、はしかに感染していないか念頭において体調の変化に十分注意してほしいとしています。

    台湾からの旅行者から始まった沖縄県でのはしかの流行は、愛知県にも広がり、一連の患者数は8日までに合わせて108人に上りました。

    このほか、海外からの帰国者がはしかを発症するなどの事例が各地で起きていて、先月29日までの都道府県別の患者数は東京都で9人、埼玉県で6人、茨城県で3人などとなっています。

    このため全国のことしのはしかの患者数は、11都府県で少なくとも134人に上っています。

    はしかは、アジアで広く流行しているほか、ルーマニアやギリシャ、それにフランスなどのヨーロッパや、ベネズエラなどの南米でも流行していて、国立感染症研究所は、大型連休の期間中に多くの人が旅行で移動したことなどから、はしかに感染していないか念頭において、体調の変化に十分注意してほしいとしています。

    そしてワクチン接種の履歴や感染した経験がない人が発熱や発疹があった場合には、医療機関に事前に電話をして相談をしたうえで受診するほか、移動する際には公共の交通機関を避けるようにしてほしいと呼びかけています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180509/k10011432081000.html

    返信削除
    返信
    1. 全国で134人確認… こんなんじゃ流行してるうちにはいらんだろ。

      削除
  12. はしか 沖縄の流行が東京に拡大か 町田の女性が感染
    5月10日 17時06分

    沖縄県で流行しているはしかに、東京・町田市の30代の女性が感染したと見られることがわかり、厚生労働省などは一連の流行が東京にも拡大したと見て、注意を呼びかけています。

    厚生労働省などによりますと、東京・町田市に住む30代の女性が発熱や発疹などの症状が出て医療機関を受診し、検査の結果、はしかに感染していることが9日、わかりました。

    女性は先月23日に町田市内の医療機関を訪れていて、この医療機関には、同じ日に沖縄からの旅行者が体調不良で受診して、その後、はしかに感染していたことがわかったことから、女性は沖縄で流行している一連のはしかに感染したと見られるということです。

    ことし3月から沖縄で流行がはじまり、愛知県にも広がったはしかは、さらに東京に拡大したことになり、一連の流行での患者数は112人になりました。

    はしかは発熱や全身に発疹が出るウイルス性の感染症で、空気感染するため感染力が強く、乳幼児は重症になる場合があるほか、妊婦が感染すると流産や早産のおそれもあるとされています。

    有効な予防法はワクチンの接種だけとされていて、厚生労働省などでは、母子健康手帳などにワクチンを2回接種した記録がなく、感染した経験もなければ、ワクチンの接種を検討するとともに、はしかを念頭に体調の変化にも注意してほしいと呼びかけています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180510/k10011433771000.html

    返信削除
    返信
    1. 東京・町田の女性はしか…沖縄の感染者と接触か
      2018年5月10日21時10分

       東京都町田市は9日、市内在住の30歳代の女性が麻疹(はしか)に感染したと発表した。

       女性は4月に都内の医療機関で沖縄県から来た感染者と接触したとみられる。3月から沖縄で流行している麻疹は各地に広がっており、厚生労働省は注意を呼びかけている。

       町田市保健所によると、女性は4月23日、都内の医療機関を訪れた際、沖縄県から4月中旬に川崎市に来て滞在していた受診者と接触したという。この受診者は今月に入り、麻疹に感染していたことが判明した。

       厚生労働省によると、沖縄で麻疹の流行が始まった3月下旬以降、国内での感染者数が増えており、現在は100人余りに上っている。麻疹の感染力は非常に強く、厚労省はワクチン接種の検討や体調不良時の早めの受診を呼びかけている。
      http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20180510-118-OYT1T50128

      削除
    2. 東京・町田の女性はしか、感染者100人余りに
      2018年5月11日8時1分

       東京都町田市は9日、市内在住の30歳代の女性が麻疹(はしか)に感染したと発表した。

       女性は4月に都内の医療機関で沖縄県から来た感染者と接触したとみられる。3月から沖縄で流行している麻疹は各地に広がっており、厚生労働省は注意を呼びかけている。

       町田市保健所によると、女性は4月23日、都内の医療機関を訪れた際、沖縄県から4月中旬に川崎市に来て滞在していた受診者と接触したという。この受診者は今月に入り、麻疹に感染していたことが判明した。

       厚生労働省によると、沖縄で麻疹の流行が始まった3月下旬以降、国内での感染者数が増えており、現在は100人余りに上っている。麻疹の感染力は非常に強く、厚労省はワクチン接種の検討や体調不良時の早めの受診を呼びかけている。
      http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20180510-118-OYT1T50128

      削除
    3. 30代男性はしか福岡県内3人目、今年の感染者 =九州発
      2018年5月12日6時0分

       福岡県は11日、福岡市博多区在住の30歳代の男性が麻疹(はしか)に感染したと発表した。男性は今月1日、別の感染者と同じ同県春日市内の医療機関で診療を受けていた。県は空気感染した可能性があるとみている。県内の感染者は今年に入って3人目。

       県によると、男性は10日に発熱して同市の医療機関を受診。遺伝子検査の結果、11日にはしかと診断された。現在は自宅で療養しているという。
      http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20180512-127-OYS1T50015

      削除
    4. 繰り返し罹るのは、ことつづらごや口唇ヘルペスに限った話ではないと思われ…

      削除
    5. 名古屋で新たに3人はしか、1人感染ルート不明
      2018年5月12日14時57分

       愛知県内で感染が拡大している麻疹ましん(はしか)について、名古屋市は12日、市内在住の2~30歳代の男女計3人への感染が新たに判明したと発表した。

       今年の県内の患者は計21人となった。

       発表によると、感染が確認されたのは同市守山区の2歳の男児、同区の20歳代の女性、同市名東区の30歳代の男性。男児と女性は、市内のはしか患者と接触した可能性があるという。一方、男性には、はしか患者との接触が確認されておらず、感染ルートは不明としている。
      http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20180512-118-OYT1T50080

      削除
    6. はしか 新たに中高生ら3人感染 4次感染か
      5月15日 10時39分

      愛知県内ではしかの感染が広がる中、名古屋市内で14日新たに中学生と高校生の姉妹ら3人の感染が確認されました。このうち2人は、4次感染したと見られ、市が警戒を強めています。

      新たにはしかと診断されたのは、名古屋市内に住む中学生と高校生の姉妹2人と、それに守山区の20代の男性の合わせて3人です。

      市によりますと、中学生の妹は、これまでにはしかと診断された別の中学生2人と同じ学校に通っていたということです。また、20代の男性は、すでに感染が確認されている女性の夫だということです。

      名古屋市は、高校生の姉と20代の男性は、先月、沖縄を旅行したあとに最初に感染が確認された男性から数えると、4次感染にあたる可能性が高いとしています。

      これで愛知県内ではしかの感染が確認された人は、合わせて23人になりました。

      名古屋市は、さらに感染が広がるおそれがあるとして、はしかと疑われる症状があらわれた場合は、事前に医療機関に連絡したうえで速やかに受診するよう呼びかけています。
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180515/k10011438651000.html

      削除
    7. はしか新たに3人、2人は初の4次感染…名古屋
      2018年5月14日19時21分

       愛知県内で感染が拡大している麻疹(はしか)について、名古屋市は14日、新たに3人の感染が判明したと発表した。

       うち2人は初の4次感染で、今年の県内の患者は計24人になった。

       市によると、感染が確認されたのは市内の女子中学生、その姉の女子高校生、同市守山区の20歳代の男性。

       中学生は、はしかに感染した姉妹が通う中学校で接触した可能性があるといい、4月29日に熱が出ていた。高校生は今月9日に発熱。一方、男性は家族2人が、はしかに感染していた。高校生と男性は4次感染にあたるという。
      http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20180514-118-OYT1T50070

      削除
    8. 沖縄ではしか確認98人に
      新たに30代女性発症
      2018/5/15 17:53
      ©一般社団法人共同通信社

       沖縄県は15日、新たに同県うるま市の30代女性がはしかに感染したと明らかにした。県内で確認した患者数は計98人となった。

       県によると、30代女性は9日に発熱し、14日の遺伝子検査で陽性反応が出た。他の感染者との接触や海外への渡航歴は調査中。

       はしかは3月以降、沖縄県を中心に本土でも感染が広がった。はしかは10日前後の潜伏期間があり、県の担当者は「感染力が強いため、発症を防ぐためにワクチン接種を」と呼び掛けている。
      https://this.kiji.is/369045253631575137

      削除
  13. おたふく接種「早く定期に」
    2018年5月11日5時0分

     子どもが多くかかる、おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)について、関連学会などで作る予防接種推進専門協議会は14日、ワクチンを早い時期に定期接種化するよう求める要望書を厚生労働省に提出する。後遺症で重い難聴になる人もいるため、予防の必要性を訴える。
     
    協議会が要望へ

     協議会には、日本小児科学会や日本感染症学会、日本耳鼻咽喉科学会など17団体が参加している。

     定期接種は、法律に基づき行政が費用を出すワクチン接種。おたふくかぜのワクチンは一時期、麻疹(はしか)、風疹との混合で定期接種とされていたが、無菌性髄膜炎の副作用が問題となり、1993年に中止された。その後、おたふくかぜワクチン単独での任意接種となり、接種率は3~4割にとどまっている。

     おたふくかぜは4~5年ごとに流行し、感染者の中には鼓膜の奥の聴力をつかさどる部分がダメージを受けて難聴になる人がいる。

     日本耳鼻咽喉科学会が昨年発表した全国調査の結果では、前回流行した2015~16年に少なくとも348人がおたふくかぜで難聴となり、261人が片耳に重い難聴が残った。片耳だけでも、交通事故の懸念や生活への支障など影響は大きい。両耳の難聴も16人いた。
    http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20180511-118-OYTPT50139

    返信削除
    返信
    1. おたふく予防接種「早く定期に」後遺症で難聴も
      2018年5月11日9時15分

       子どもが多くかかる、おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)について、関連学会などで作る予防接種推進専門協議会は14日、ワクチンを早い時期に定期接種化するよう求める要望書を厚生労働省に提出する。

       後遺症で重い難聴になる人もいるため、予防の必要性を訴える。

       協議会には、日本小児科学会や日本感染症学会、日本耳鼻咽喉科学会など17団体が参加している。

       定期接種は、法律に基づき行政が費用を出すワクチン接種。おたふくかぜのワクチンは一時期、麻疹(はしか)、風疹との混合で定期接種とされていたが、無菌性髄膜炎の副作用が問題となり、1993年に中止された。その後、おたふくかぜワクチン単独での任意接種となり、接種率は3~4割にとどまっている。

       おたふくかぜは4~5年ごとに流行し、感染者の中には鼓膜の奥の聴力をつかさどる部分がダメージを受けて難聴になる人がいる。

       日本耳鼻咽喉科学会が昨年発表した全国調査の結果では、前回流行した2015~16年に少なくとも348人がおたふくかぜで難聴となり、261人が片耳に重い難聴が残った。片耳だけでも、交通事故の懸念や生活への支障など影響は大きい。両耳の難聴も16人いた。
      http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20180511-118-OYT1T50031

      削除
  14. はしかもおたふくかぜも、じつはとってもありふれた病気。いちいち騒ぐまでもないこと。

    返信削除
  15. 厚生労働省
    ‏@MHLWitter

    【海外渡航を予定している方へ】
    海外からの #風しん の持ち込み例が増加中
    特に30歳代後半~50歳代男性など、風しんへの免疫が不十分な人が #風疹 にかかるリスクや、海外渡航で風しんに感染するリスクがあります。予防には抗体を持つことが重要なので、渡航前に #抗体検査、#予防接種 の検討を。
    https://twitter.com/MHLWitter/status/994842727715164161

    返信削除
    返信
    1. 「はしか」の次は「風しん」かい…

      インチキ医科様な「風しん、侵入とまん延の防止」運動だな。

      削除
    2. 海外から持ち込んでんじゃないよ、国内にすでにありふれてあるんだよ。

      なぜそんなウソを平気でつくのかな?

      削除
  16. はしか予防接種 保育士や医療関係者に強く推奨へ 厚労省
    5月11日 16時09分

    流行が続いている「はしか」について、厚生労働省の専門家会議は、幼い子どもや妊婦などが感染した場合のリスクが高いとして、保育士や医療機関の関係者などにワクチンの接種を特に強く推奨する方針を決めました。

    はしかは、発熱や、全身に発疹が出るウイルス性の感染症で、沖縄県と愛知県で起きている流行が東京に拡大したことが9日、確認されるなど、全国のことしの感染者数は100人以上に上っています。

    11日、厚生労働省のはしかの予防対策を5年ぶりに見直すための専門家会議が開かれました。

    この中で、予防接種の効果が低いためワクチン接種の対象になっていない0歳児や、病気で免疫力が低下している患者、それに妊婦については感染した際のリスクが高く、予防対策を強化すべきだとする意見が出されました。

    そして、保育所などの児童福祉施設や医療機関などで働く人に対し、ワクチン接種を特に強く推奨する方針を決めました。

    厚生労働省は、今後、児童福祉施設や医療機関に対し関係者の予防接種を徹底するよう通知するとともに、はしか予防のガイドラインに盛り込むことにしています。

    受診前に相談を

    国立感染症研究所の多屋馨子室長は、はしかの流行地を訪れたあとに熱または発疹が出てはしかの疑いがあると思ったら、受診する前に医療機関に電話をしてそのことを伝え、ほかの患者がいない時間帯や別の出入り口から入るなどの相談をしてから行くことが必要だとしています。

    そして、移動では電車やバスは使わず、ワクチンを2回接種している人に車を運転してもらうなど、公共の交通機関や人が集まる場所を避けることも重要だと指摘しました。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180511/k10011435201000.html

    返信削除
    返信
    1. 病人はなるべく動かない動かさないでじっとしていた方がよい場合も多々あると思われ…

      ウイルス感染症ならばなおのこと。

      削除
    2. 目標達成へ対応促す=はしか予防接種率、市区町村に-厚労省

       厚生労働省は11日、はしか(麻疹)と風疹の予防接種率の目標「95%以上」を達成するため、国と都道府県が市区町村に対応を促すことなどを柱に、指針を改正する方針を決めた。同日開いた厚生科学審議会の小委員会に改正に向けた考え方を示し、大筋で了承を得た。同省は年度内に改正する。
       国の定期予防接種は原則、はしかと風疹の混合ワクチンを1歳時と小学校入学前の計2回、接種するとされている。1回では免疫力が不十分になる恐れがあるためで、はしか、風疹のそれぞれの予防指針では、2回とも接種率「95%以上」を目標に定めている。
       ただ、厚労省の調べでは、2016年度の全国の接種率は、1回目は97.2%だが、2回目は93.1%にとどまる。95%に達していない自治体は、都道府県別で1回目は4県、2回目は37都道府県あり、市区町村別では1回目で701市区町村(全体の40.3%)、2回目で954市区町村(同54.9%)に上る。
       このため、それぞれの指針に、国と都道府県から各市区町村に接種率向上を働き掛けることや、都道府県に設置されている専門家らの「麻しん風しん対策会議」が各市区町村の接種率を評価、目標達成に向けた提言を行うことを盛り込む。
       また、空港など海外からの渡航者と接触する機会の多い職場の従業員に予防接種を推奨することを追記。接種できない妊婦や0歳児と接する医療機関、保育所などの職員については、「推奨」から「特に強く推奨」に引き上げる。風疹では、抗体検査で接種が必要と判定された人に確実に接種してもらうことも加える。(2018/05/11-20:17)
      https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051101271&g=soc

      削除
    3. さっさと小さな子供のうちに罹って済ませておけば、それが一番の安心安全なんだよ、という作法や処世術すら忘却の彼方に追いやられてしまったのだろうか…

      「正確な(正しい)知識」をどこに置き忘れてきてしまったのだろう。

      削除